習い事

2020年4月、小学校3年生の英語教育がスタートします!

2020年4月から小学校の英語教育が大きく変わります。
小学校高学年になってようやくローマ字を習い始めた世代にとっては、小学3年生からの英語教育に不安を抱えている親御さんも多いのではないでしょうか。
どのような教育内容なのか・なにが変更されるのかなど、わからないことの多い英語教育。お子さんが安心して授業に参加できるように、事前に内容を確認しておきましょう。

2020年の英語教育は何が大きく変更されるの?

2020年度から変更される内容
  • 小学校3年生から英語の授業がスタート
  • 小学校5年生から英語が必修科目
  • 中学校の英語の授業がオールイングリッシュ
  • 高校~大学入試では「聞く」「話す」「書く」「読む」の技能を評価

日本人は学校で英語を学んでも、なかなか英語力が身につく人はいませんよね。それは、今までの勉強方法が「テストをクリアするため」の授業内容だったからです。
教科書を暗記したり、単語や文法を暗記したりと、英語を感覚として身につけることができなかったことが大きな原因です。

大人になればなるほど、その感覚をつかむことが難しくなっていくので、早い時期から楽しく英語にふれる環境が大切です。
では、3年生からスタートする英語教育とは、どのような内容なのでしょうか?

小学校3・4年生の英語教育

小学校3・4年生の英語は、通知表などで評価されない「外国語活動」として取り入れられます。
年35コマ(週1~2回程度)、初めての英語に楽しみながらふれることができる授業内容となっています。
リズムや音楽、ゲームなど、感覚的に覚えた英語をスラスラと言えることはありませんか?
それが感覚です。頭の柔らかいうちに、たくさんの英語にふれることで、英語を感覚として取り入れられるよい機会となります。

このような、簡単な単語や挨拶などを学び、本格的な小学5年生の英語の授業に繋がっていきます。

小学校5年生からの英語教育

小学校5年生になると、成績として評価される必修科目となり、年70コマの授業が必修となります。3・4年生で学んだ「英単語」「英語耳」を活かして、実践的なやり取りがスタートします。

この時期には、英語を英語のまま理解して答える「英語脳」をさらに鍛えていきます。英会話が苦手な日本人の多くが、「頭の中で英語を日本語に変換してから、英語で答える」という作業を行っています。
高学年の時期から英語脳を鍛えることは、語学力を伸ばし、未来を広げる第一歩になるでしょう。

英語教育に乗り遅れないために

英語教育で大切なことは『早期教育』です。大きくなるにつれて恥ずかしくなってしまう“ネイティブな発音”ですが、小さいうちからネイティブな発音に慣れ親しむことで、「恥ずかしさ」や「難しさ」をクリアすることができます。

また、「英語耳」「英語脳」を身につけることは、英語が得意か不得意になるかの大事な分かれ目です。
小さいうちから正しい英語にふれておくことは、ダイレクトに英語を理解して話す力が身につく大切な時期となります。

特に幼児期は「聞く」「話す」といった言語回路が発達しやすい時期です。つまり、英単語が身につきやすい時期なので、この時期にたくさんの英語にふれることで英語の基礎が身につきます。

学校の授業にスムーズに参加できるだけでなく、子どもの可能性を広げるためにも、できるだけ早く英語にふれさせることをおすすめします。

子供英語教材で保護者から高い評価を受ける「すまいるぜみ」 「すまいるぜみ」は、全国の公立小学校の約8割で活用されている小学生向け学習・授業支援ソフト「ジャストスマイル」や、学年に応じて習った...