ほいくびと

「企業主導型保育園きららハウス」園長・大坂真紀子さん


2001年に託児所を開設して以来、約20年近くにわたって地域の子どもたちの成長を見守り続けてきた「きららハウス」。今では立派な大人に成長した卒園生たちの第2の故郷のような保育施設です。

新大阪駅から徒歩6分の場所に位置する「企業主導型保育園きららハウス」は、アットホームな魅力がいっぱいのきららハウス2号園として開設されました。現在、0歳児から5歳児までの27名が在籍しています。

「きららハウス」の園長、大坂真紀子さんに話を伺いました。

卒園生たちから慕われる保育士たち

大坂園長
大坂園長
「きららハウス」は、お母さん支援として安心してお子さんを預け、お仕事ができ、充実した生活を送ることができるようにと考えて作ったNPO法人です。

開設当初からともに託児所を作り上げてきた保育士さんたちが未だに在籍している「きららハウス」には、すっかり大人になった卒園生たちが遊びにやってきます。

大坂園長
大坂園長
はじめてのアルバイト代で、私たちにお饅頭を買ってきてくれました。「なんで、お饅頭なの?」と聞くと、「先生たちももう歳やから」って。頼もしくもあり、成長を嬉しく感じた出来事でした。

保護者からも慕われる保育施設

小ネタ隊
小ネタ隊
保護者さんとの仲がいいのですね。
大坂園長
大坂園長
育児を一緒に!成長の喜びを共有できたらとの思いで、お預かりさせてもらってきましたので。
子どもたちの成長の様子が写った写真や手紙を送ってくれるお母さんたちもたくさんいます。

制度開始1年後に開設された「企業主導型保育園きららハウス」は、託児所「きららハウス」での実績があるため、園児募集をすることもなくすぐに定員いっぱい来年度入園枠もすでにいっぱいの状態です。

大坂園長
大坂園長
募集したのは、託児所開設時の一回だけ。19年前に新聞折り込みチラシを配った時だけです。
お母さんたちに紹介していただいたりして、今の「きららハウス」があります。

保護者たちの口コミで広がった高評価は、新大阪周辺だけに留まらず、今では吹田市や茨木市などから電車や車に乗って通う園児たちもいるそうです。

常に保育士がいる環境で行われる習い事

大坂さんたちの頭の中には、園児一人ひとりの個性や家庭環境が入っています。そのため画一的ではなく、それぞれに応じた保育・教育をできることが特徴です。それを可能にするために、30名までの園児数としています。

大坂園長
大坂園長
おけいこにしても年齢で区切るようなことはしていません。成長の早い子もいれば、ゆっくりな子もいます。
各おけいこの専門の先生と相談しながら、個々に合わせて進めて行きます。

「きららハウス」では、音楽(リトミック)、英語、勉強(学研/ほっぺん)が用意されています。
子どもの性格を熟知した保育士が常に一緒にいるので、安心して楽しく参加できることが特徴です。

大坂園長
大坂園長
働くお母さんにとって、させたいけど時間が作れなかったり、どこにしようかと迷ってしまうのが習い事です。そこで習い事をできる場所を提供しています。

利益度外視だから、おけいこ代は驚くほどリーズナブルな料金になっています。

大坂園長
大坂園長
種を植え、水をあげて、芽を出させるまでが私たちの仕事です。そこから花を咲かせるのは親御さんや子どもたち自身。私たちは、いろいろな可能性の扉を開くお手伝いをしています。

「大きな花を咲かせた卒園生たちの姿を見るのが楽しみ」という大坂さん。

小ネタ隊
小ネタ隊
新大阪の肝っ玉母ちゃん、ここにあり!やね。
企業主導型保育園 きららハウス 2001年に託児所を開設して以来、約20年近くにわたって地域の子どもたちの成長を見守り続けてきた「きららハウス」。今では立派な大人に...