保育所選びのキホン

認可保育園と認可外保育園はどこが違うの?


保育園には国から認可されている保育園とそうでない保育園があります。
国に認可されていないことで、「認可外」というワードにマイナスイメージを持っていませんか?
実は、各都道府県の定める基準を満たして認可を受けている保育園も「認可外(無認可)保育園」と呼ばれています
子どもを安心して預けられるように、認可保育園と認可外保育園のきちんとした違いを確認しておきましょう。

認可保育園と認可外保育園って何が違うの?

児童福祉法に基づいて、国が定めた設置基準をクリアすることで「認可保育園』として運営することができます。

認可保育園に必要な設置基準
対象年齢 0~6歳児(2歳未満児1割以上、3歳未満児2割以上)
定員 60名以上
職員数 保育士1人に対して、0歳児3人、1~2歳児6人、3歳児20人、4歳以上児30人
資格 保育士(保健師または看護師の特例あり・1名まで)
設備
  • 乳児室(orほふく室)…0~1歳児1人あたり3m²
  • 保育室…2歳以上児1人あたり1.98m²
  • 園庭…2歳以上児1人あたり3.3m²以上
給食 自園調理または委託

これらの条件を1つでも満たしていない保育施設は、認可外保育園となります。
また、お住いの都道府県の基準をクリアしていても、認可外保育園となってしまうのです。

認可外保育園の種類
小規模保育園 小規模の家庭的な保育園
※対象年齢:0~2歳児、定員:6人以上19人以下
院内保育園 病院職員を対象とした、病院内にある保育園
※24時間体制が多い
企業内保育園 従業員のために設置された保育園
託児所 一時的に預かってもらう保育施設
ベビーホテル 夜8時以降の保育を行う保育施設

認可外保育園では、子どもを預ける保護者のニーズに合わせてる事が出来るので、

  • 仕事の関係で夜の時間に保育を頼みたい
  • 子どもが病気だが仕事を休めない
  • 定員もれで待機児童になってしまった

といった、働く保護者の強い味方としても活躍してくれています。

保育の質に違いはないの?


保育の質は園の方針や保育士の技術で、正直大きく異なります
それは、認可保育園であっても認可外保育園であっても同様です。
認可保育園だから安心・認可外保育園だから不安という考え方は、大きな間違いだと言えます。

お子さんを入園させたいと思う保育園が、本当に良い保育園かどうかを見極めるためには、こちらの記事を参考にしてみてください。

保育園選びのポイント 大切な子どもを預ける保育園。どんな保育園を選ぶべきか迷っている親御さんは多いのではないでしょうか。 最近では、英語やリトミックなど...

認可外のデメリットが保育園無償化で解消!

認可外保育園の唯一のデメリットは”料金が高い”ということでした。
しかし、2019年10月からスタートする保育園無償化で、月額37,000円(3歳未満児は42,000円)の補助を受けることができるようになりました。
補助を受けるためには、お住いの市区町村で「保育の必要がある世帯」と認定される必要があるので要注意。
手続きが必要になるので、きちんと確認しておきましょう。

企業主導型保育所ってな〜に? 2019年10月より、幼児教育・保育の無償化がスタートしました。 幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する3歳から5歳児クラ...

「認可保育園と認可外保育園の違い」まとめ

認可保育園・認可外保育園に限らず、子どもの成長を大切にしている園なのか、安心して仕事に行ける園なのかなど、保育園の中身をしっかりと確認しておくことをおすすめします。
認可外の場合は必ず無償化の手続きが必要になるので、こちらも合わせて確認しておいてくださいね。