保育所選びのキホン

子どもを保育園に預けるベストな時期は?

共働きの家庭が6割以上と増える中、仕事復帰などの関係で0歳から保育園に預けるご家庭が多くなっています。

「赤ちゃんのうちから保育園に入れるなんてかわいそう…」

そんな無責任な言葉を耳にすることもありますが、気にしなくて大丈夫!!
ママたちがお仕事を頑張っている間は、保育士が愛情をもってお世話をしているので安心してください(*^-^*)

今回は、「保育園に預けるのにベストな時期」について、元保育士が紹介します。

保育園に入れるベストな時期は「家庭環境」次第!

大阪市北区の企業主導型保育所「えがおの種保育園」

保育園によって預かる対象月齢は異なりますが、多くの保育園が生後2~3ヶ月から預けることができます。
そして、子どもを預ける時期は家庭環境によって様々です。

家庭環境 預ける時期
共働き家庭 早期の仕事復帰を希望する場合、生後2~3ヵ月から保育を希望する家庭が多い。
育児休暇がとれる場合は、1~2歳児から入園する家庭が多い。
専業主婦(主夫)家庭 3歳未満児までは家庭で保育を行い、集団生活に慣れるように、3歳児から”幼稚園orパートに出て保育園”に入園する家庭が多い。

保育園は「保育が必要な家庭」のみが利用することができるので、基本的には0・1・2歳児から預けるご家庭が多いですね。
3歳以上児から入園する子は少ないので、多くの家庭が3歳未満児から預けてお仕事を頑張っています(^o^)丿

生活のために働くということは、子どものために働くということ。子どもを預ける時期は、家庭環境によって違うのが当たり前なんです。

可愛いわが子を預けることに、後ろ髪を引かれることはあっても、罪悪感を感じる必要はありません!胸を張って「行ってきます」と保育園を後にしてくださいね(*^-^*)

0歳児から子どもを預けるメリットはたくさんある

大阪市淀川区の「企業主導型保育園きららハウス」

0歳児から子どもを預けることで、家庭ではできない経験を積み重ねていくことができます。どのようなメリットがあるのかいくつか見ていきましょう。

保育園に慣れるのが早い

1・2歳児から入園する子の多くは、慣れるまで毎朝泣いてしまうことがありますが、0歳児の場合は人見知りが始まる前なので、スムーズに保育園の環境に慣れることができます。

生活リズムが整う

寝ている赤ちゃんはそっとしておきたいところですが、保育園では時間で起こしたり遊ばせたりと、生活のリズムが整うように保育をしています。生活のリズムが整うと、家庭での保育もスムーズになっていきますよ。

友達とのかかわりを学ぶ

異年齢での関わりが多いので、きょうだいのような触れ合いを体験することができます。一人っ子が多いので、友達や異年齢の関わりが難しいという子もいますが、少しずつ関わりを学ぶことで、優しい気持ちや思いやりの気持ちを学んでいくことができます。

自分でできることが増える

親が手伝ってしまうことが多いのですが、保育園ではその子の成長を見極めて、小さなことから自分でできるように保育しています。また、年上のお友達の姿に刺激されて「自分でやってみたい」という気持ちも早く生まれます。

子どもを保育園に入れる時期“まとめ”

0歳児から保育園に預けることは、メリットがたくさんあります。もちろん「子どものはじめてを見られなかった」といった声もありますが、子どもの成長は保育士と共有することができます。
育児の悩みも相談することができるので、保育士とのコミュニケーションも大切にしてくださいね(^^♪